部屋中いらないものだらけから脱却!片付け手順と心がけることを紹介

部屋が落ち着かない・・・。もしかして、部屋がいらないものだらけになっていませんか?

在宅でも仕事ができるからこそ、つい仕事を優先して部屋の片付けを後回しにしてしまうと、どう片付けていいか分からないくらいに散らかることもあるでしょう。

この記事では、いらないものを手放すための片付け方や、物を増やさないために気をつけることを紹介します。

読み終わる頃には部屋の片付けをしたくなり、片付けがしやすくなるので、ぜひ最後までチェックして参考にしてみてください。

いらないものを手放すための片付け手順

いつでも何でもできるスペースを確保

何か作業をしたくても、いちいちスペースを確保してからでなければできないなら、やる気も無くなってしまいます。

どこか一つでも、『すぐに何かができるスペース』を作っておくことで、作業も効率的に行うことができます。また、そのスペースがあるからこそ他の散らかったところが気になって、気づけば片付けをしていることも。

思い立った瞬間に何でもできるスペースは、散らかしても片付けて綺麗をキープしておきましょう。

不要なものを分けて処分する

断捨離をする過程で、不要なものをまとめて一つにしてはいませんか?

実は不要なものでも、勢いに任せて処分しようとしているものもあるかもしれません

不要な服を処分するなら、服だけをまとめておき、雑貨を処分するなら、雑貨だけをまとめるようにします。

こうすることで、勢いで思い出の品まで処分せずに済みます。

思い出の品は、2度と手に入らないものです。慎重に処分するか選択するためにも、思い出の品は必ず最後に処分しましょう。ただし、思い出に浸ってしまっては作業が進まないので、注意しましょう

収納を考える

収納を考えるときは、スペースを意識しながら収納しましょう。

誰でもスペースがあると、つい埋めてしまいたくなりますが、あえてスペースがあることで見た目もスッキリしやすく、心の余裕も持つことができます。

少々物が増えてしまったとしても、とりあえず収納からはみ出ることは少なくなるはずなので、スペースを意識して収納するようにしましょう。

モノを増やさないように心がけること

必要な分だけ持つ

物を必要以上に持っていると、手入れなどの管理も大変ですし、当たり前のように散らかります。

クローゼットの服を見直して『こんな服もあったんだ』と思えば、今の自分に必要のない服を持っていたってこと。

今の自分に必要なものを持つことを意識することで、周りには必要なものだけな状態に近づくことができます。

手放すことを考えすぎない

断捨離をしていると、つい全て手放さなくてはならないと感じてしまいます。ですが、中には2度と手に入らないものもあるはずです。

また、必要なら買えばいいや!と、買い替えを前提として手放そうとすると、いざ買い替えるときにお気に入りのものに出会えないこともあります。

代用できるものは代用したり、迷っているものは期限を決めて保管しておくなどと対策してみましょう。手放しすぎることなく、捨ててしまって後悔することも避けることができます。

床や机にものを置きっぱなしにしない

床や机に置きっぱなしになりやすいものは、もしかしたら不要なものかもしれません。

特に床に置きっぱなしなものは、不要なものである場合がほとんどです。必ずものの定位置を決めて、使用したら戻すようにしましょう。

床や机に物がないだけで、掃除がしやすくなり、さらに部屋を綺麗にしたいといった意欲も出てきますよ。

『物をもつ』より『体験』を選ぶ

安い食器も高い食器も、結局食べるものは同じなので味も変わらないはずです。しかし、高い食器の方が満足度は増すのではないでしょうか。

同じものでも、自分の感覚や体験を選ぶことで、より良い暮らしへ繋げることができます。

また、ものはいつかは壊れてしまいますが、体験したことや経験はずっと残ります。

体験することが自分磨きにもつながることも少なくないので、物を買うときもそれが自分の満足度をあげる体験につながるか考えると、むやみに物を増やすことも少なくなるはずですよ。

『いつか使う』は『いつまでも使わない』

今使わないけれど、いつか使いそうだなと思ったり、勿体無いと思ったりして捨てられないものはありませんか。

結局いつか使うと思ったものは、いつまでも使わずに埃をかぶっていたり、勿体無いと思ったものも結局使わないままなことが多いでしょう。

明確に使い道があれば、すぐにその用途で使って、使い道が思い付いたけれど使わないままであれば、すぐに処分しましょう。

まとめ

部屋中いらないものだらけだと思ったら、まずは目に見えるところから見直してみましょう。

よく使うスペースからでもいいし、普段は使わないけれど気になったところでも、見える箇所の物を見直すことで、パッと見るだけでも片付けられたと実感しやすくなります。

自分で片付けられた!スッキリした!と実感することで、また別のところを片付けようと行動しやすくなるはずです。

物を処分しても、またいらない物だらけにならないように、『モノを増やさないように心がけること』で紹介したことを気をつけてみてください。

早速実践して、スッキリとした居心地の良い部屋を作ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください